ツギクルバナー

Slowly but Surely

本や好きなもの、そして夢についてのPage

夏なので涼しい話を

f:id:adamas111jp:20190820203250j:image

 

夏休み最終日に整体へ行きました。

最近怪談番組の動画にハマってると話したら、「僕の友達にね…」と先生。

 

先生の仲良しさんが

とっても視ちゃう方で、一緒にいるとよく

不思議なことが起きたとか。

布巾が宙に浮いて落ちる。

車を走らせていると火の玉のようなものが車内を通り抜ける。

腕にくっきり霊に掴まれた跡がついている。

いまは視えなくなってフツーの生活を送ってるようですが、大変そうでした…

 

それで私も不思議な体験を思い出しました。

幽霊ではないですが。

 

何年か前

ある人と会うと必ず体に異変が起きた時期がありました。

だいたいが翌日、ものもらい。

両目が腫れたこともあった。

必ず体調崩すとか。

 

極めつけは、

その方の仕事場にお邪魔したある日

ありえないくらい突然体が重くなりました。帰る電車の中では首が痛くて、だるくて眠くて仕方ない。

体を引きずるように帰り、早く寝ましたが

妙なことに布団をかぶっているのに

足先から体からどんどん冷たくなっていく。

それでもなんとか寝たものの、おかしな夢を見ました。

 

目を覚ますと真っ暗な洞窟に閉じ込められている。本当の暗闇。何も見えない。狭くて息が苦しい!

悲鳴を上げて飛び起きてもがいて、ようやく夢だと気づきました。

今でも覚えているくらい本気で怖かった!

 

その後は会ってもどういうわけか

大丈夫になりましたが

たぶんあの時期…

 

誰かの恨みを買ったり

憎まれたりしていたのではないかと思います。

そんな気がする…

たぶん他にも被害者いたんじゃないかなぁ…

結構強烈な負だったと。

 

自分自身もあまり精神的に元気ではなかった時期だったし、そういう時は嫌な予感がするものには近づかない方がいいですね。。

 

そういえば整体の先生

とっても怖がりらしくて、自分の体験談を話している間、すごい鳥肌だった。

施術中、タオル越しにビリビリとこっちに伝わってくるくらいw

思いださせてごめんなさい。

でもなんだかかわいかった(^∇^)