ツギクルバナー

Slowly but Surely

好きなもの、そして夢についてのPage

母の日

f:id:adamas111jp:20220513170444j:image

 

GW最終日、義理母へ母の日ギフトを渡しに。

お庭ではバラが満開!

義理母はお花を育てるのが大の得意、シュミは似てますがそういうところは私とは正反対。

10年前に私たちがプレゼントしたバラもまだ瑞々しく咲いてました🌹

 

緑の手を持つ方に花を贈ると増える一方なので今年は和風ギフトにしました。

色鮮やかで美しい、上生菓子

f:id:adamas111jp:20220513170709j:image

母も喜んでたのでよかったですが、

 

上生菓子ってカ、カロリー高いんですねぇ…

:(;゙゚'ω゚'):

ミニサイズなので指先でつまめる大きさなんだけど、一つ270kcal…

 

そんな現実的なことに触れずに

わ〜キレイ✨って楽しんで味わえば良かったんだけど、表示を見てしまった夢のない私。。

 

でももちろん、おいしく頂きました😊

 

あげる人のことを考えて

ギフトを選ぶのは好き。

 

来年はどうしようかなぁ

 

 

 

あにまる保険、検討中

f:id:adamas111jp:20220506093634j:image

 

ニャンコがカーディガン食べた😂

うっかり買ったばかりのカーディガンを放置してたらやられました…

 

なぜか新しく買った私の服ばかり

穴をあける彼女🕳

洗った服には興味なし。

 

 

今回二度目。

前回は買ったばかりのスパッツでした。

その時は少ない量だったので様子見て大丈夫そうだったけど、今回はガーデの袖口一帯をごっそりかじられたので🏥へ。

 

「朝食べたならまだ間に合うかも。催吐剤で吐かせてみましょう」

 

獣医さんにお願いしますと預けて待合にいると

 

にゃおおおおおぉぅぅ!!

キシャーー!!👹

 

思わず腰を浮かすほどの絶叫が聞こえました。うちの子!?(;゙゚'ω゚'):

 

お隣で待っていた2歳のブルドックちゃんと飼い主さんを驚かせてしまい、すみませんと謝る(笑)

 

先生がでてきて

「ちょっと興奮してるのでしばらく待って下さいー」

 

うちの子の雄叫びだった!!

 

そのあとも二回ほど魂の叫びが聞こえ

催吐剤を点滴されたものの、結局吐かず。

迎えにいくとエリザベスカラーをつけられて不機嫌MAXでした。

 

とりあえず元気ということもあり、💩で排出されるのを待つことに。。

お会計して帰りましたがビックリしたのはその診療代。我々奴隷の何日分の食費でしょうか!

 

ビックリしすぎて

慌ててネットでペット保険を検索して何社か資料請求。

あんな額毎回払えませぬ!

 

でも調べれば調べるほど

どれにしたらよいのかわからなくなる…

小説の資料の選定と同じで、欲張りすぎずに2〜3個だけピックアップして1つ選ぶ方がよさそうですね。

デメリットを見落とさないようにせねば…

とりあえず誤飲誤食がカバーできる保険を!!

 

1日たちましたが

ちょろっとカーディガンの一部が出てきたのを発見💩 いけそう……?

数日は要注意だな…

 

取り急ぎ

食べそうなものはぜんぶしまいこみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説の神様

 

 

ただいま確認作業中。。🖋を持つ手が緊張で震えるので、勇気をもらうべく

小説の神様』視聴!!

相沢沙呼先生作品✨

 

売れない高校生作家と売れっこ高校生作家がタッグを組んで、一つの物語を作るおはなし。

 

わかりみの嵐…

 

私も売れない作家・千谷くんみたいに

好きなのに、小説書くのが辛いことがよくある。プロットがうまくいかず、書いたものが「面白くない」と言われ、暗澹たる気持ちで毎日過ごすことが…😂

 

小説の神様を信じてないの?」

売れっ子作家・詩凪は小説を書く人はみんな神様を信じてると思っている。

 

どんな神様かはうまく説明できない…

というセリフに、ああ、と思った。

 

私にもある。

神様が降りてきて、そっと私の肩に触れた瞬間みたいなものを感じることが。

 

でもそれはいつもじゃなくて

望んだ時でもなくて、

重い雲で閉ざされた空が一瞬で晴れるように、突然やってきて、閃きをもたらすんだ。

 

小説を書く人ならきっとわかるんじゃないだろか。。アレですね!みたいな。

小説というより、物語の神様ですかねぇ。

 

このお話はネットの誹謗中傷についても触れていて、二人が心ない読者の言葉で傷つくのが辛かった。

私も経験ありますが、でも相方に

「アンチが出てくるなら、それだけ多く読まれてるってことだろ。やったな」

と言われ、そうか、そういう考えもあるのか…と動揺が消えたのを覚えています。

 

読み手全員に受け入れられることなんて

どんな小説でもない。嫌われることだってある。なんなら酷評の方が多かったりも。

 

それでも書き手は読者のために書く。

読んでくれる人が明日また頑張れる力を、立ち上がる力を得ることができるように。

笑って泣ける場所になれるように。

物語とはそういうものだ、と思う。

 

挿入歌の「こんな世界にしたのは誰だ」が胸に残る曲でした。

私も頑張る〜〜😭

 

 

 

 

限定ぽてち

f:id:adamas111jp:20220423084614j:image

 

湖池屋さんの、工事直送の特別ポテチ

買ってみた。

とりあえず気になったらなんでも一回手を出すタイプ。

 

毎月負荷が少ない時に作り

3日以内に発送されるとのことで、ポテチ好きとしては興味しんしん(゚∀゚)

 

いつ製造されるかはわからないので

いつ連絡がくるかもわからない。

 

なんの変哲もない塩味ですが

あれ、おいしい!塩があまい!

そしてポテチ自体がすごくじゃがいもの味がします。

 

お菓子好きの同僚・くまごろうに課長がいない間に(いるときにお菓子を与えるとくまごろうは「たべすぎだ!」と没収されてしまうため)

一袋差し上げたが(くまごろうはその日の夜に手が止まらず完食した)

 

猫に袋を食い破られるので

残りはコストコの大きな保冷バッグの中に隠した。忘れないようにしないと…

 

 

 

もうすぐGWですね!

 

なんとか10連休にしたい!

でも海外からお客様がたくさんくる上、やったことのないビザ申請手配が終わらない。。

28日までにコンプリートするのだろうか。

 

そして、このタイミングでゲラ修正。

まもなく原稿が到着するようです。

GWあってよかった!!😭

ゆっくりと休んではいられなそうですが、

最後の修正がんばります❗️

 

 

まぢか!

 

ブリティッシュ・ベイクオフの日本verだと!?

 

時には涙を誘う熱いドラマと戦いが繰り広げられるあの番組が日本でも制作されるとは💕

 

しかも審査員は鎧塚さん…

 

さっそく見ます😊

楽しみ!

 

松田さん!

f:id:adamas111jp:20220421191656j:image

『ハロウィンの花嫁』おも、しろかったぁ(´∀`)!!

コナンの映画毎年見てるけど

終始爆弾に追われていたせいか、内容が盛り沢山なせいか疾走感ありました✨

 

渋谷のハロウィンと街並みを利用したラストの展開すごいなーと思った。

渋谷って使いどころがありすぎる気がするw

 

でもなんといっても今回は警察学校組!!

松田さん、かっこよ。好きなタイプ。。

四人で共闘するシーンはシビれた✨

安室さんよく飛ぶなぁ(笑)でもあのジャンプからのアクション、好きっす。

でも、もう同期五人揃うことはないのが切ない。。。

なんで四人とも死んじゃったの!!

安室さん一人残して…切なすぎるでしょ😭

 

それから高木刑事。

いつも「佐藤さぁん」と情けないイメージの彼ですが、やっぱり刑事なんだなぁという正義感の強さや男らしさが垣間みえて

今回かっこよかった。

小五郎がまったく出番がなく、いつもの展開もなく、これでいいのか?と思ったが、キャストが多かったので仕方ないね

 

しかし何より驚いたのは

映画の料金が1900円になってたこと…!

もう2000円じゃないの💦

コロナ禍の影響もあると思うが高い…

今後スクリーンで観る映画は厳選しなければならないなと思いました。

 

f:id:adamas111jp:20220421191425j:image

 

ファイルはセブンイレブンで、

ステッカーはローソンで対象商品を買ってゲット。

 

動くアーニャがかわいくて

うちの相方は3日に一度くらいの頻度でアニメを見返してます。ワカル…

 

 

絶え間ないゆらめきと長い夜の先

 

 

ある方が私の本『社内保育士はじめました』を読んでくださって

 

「幸せって言うのは、大事な人とほんとに半分こずつ分け合って持ってるものなんだね。失ってから気づいたよ」

 

と言っていた。

泣きそうになった。

 

最終巻の副題は『ぜんぶとはんぶん』だった。

「幸せ」は誰かとわけあってこそ、まるごとの「幸せ」になるのだと、その思いをこめてつけたけど、それが叶わなくなってしまう現実を私はまだ突きつけられたことはない。

 

何より大切な人を失う。

今は知らないだけで、それはいつか誰にでもくること。平等に。

 

その時私は、あの人のように

水面の波紋がすべて消えて完全な凪が訪れる瞬間をじっと待つように、

明けない夜の中で待ち望む光を探して彷徨うように、

残酷に流れる時を、静かに前を向いて受け入れていくことはできるだろうか。

と考えた。

 

……わからないね。

わからないけど、毎日当たり前にある日常こそ何よりかけがえのないものだと言ってうことを、絶対に忘れないようにしようと思います。