ツギクルバナー

Slowly but Surely

本や好きなもの、そして夢についてのPage

お土産✨

f:id:adamas111jp:20190919152633j:image

 

ぶちょーが出張から帰ってきた。

お土産はフランスのラデュレのマカロンと、

なんかキラキラした王冠つきのボールペンw

ペンはイギリスで購入したそうな。

せっかくなので、胸ポケに挿してみた✨

 

カロンは女の子たちへとのこと。

そしてラデュレといえば、ローズマカロン!!

 

濃いピンクと薄いピンク、どっちがローズだ!

と迷ったけど

薄ピンクで正解でした〜(^ ^)

優雅なかほりがして美味でした。

 

お土産って、センスが問われますよね。

女性陣への評判にも影響しますからね。

サポート役の女性たちのご機嫌とりは社内ワークを円滑に進めるための必須項目ですしね。

 

女性側からしても

仕事の姿勢と同じくらい、

お土産選びの良し悪しは、時にその人の評価を決める重要ポイントにもなったり。

 

出張に出かける人男性陣ちは

取引先との交渉よりも

ある意味土産選びの方がプレッシャーかもしれませんねw

 

ちなみにうちの課長は

味より面白さを重視するタイプなので

毎回おかしなものを買ってくる。

 

いま、インド、マレーシア、タイに出張中だが

また妙なものを探してくるに違いない。

 

ちなみにインドに関して言えば

私のオススメみやげは

 

ブルックボンドの紅茶

ヒマラヤ化粧品の石鹸

 

です^_^

 

 

 

 

 

 

 

映画化〜✨

みをつくし料理帖(全10巻)+みをつくし献立帖(1巻) (ハルキ文庫 た  時代小説文庫)

みをつくし料理帖、来年映画化‼️✨

涙なしでは読めない傑作を、スクリーンで見られるんですね〜😂

 

恋愛部分はかなり切ないんだけど…

ドラマ化した時も夢中で見たし、とにかく澪の作る料理が美味しそう。

はてなの飯も再現したよ‼️

 

角川春樹さんがメガホンをとるようですね…

これは期待するしかない✨

楽しみ

 

私もあやかりたいですね〜😅

 

 

社内保育士はじめました、のキャラについて。

たまには自作についてちょっと語ります☺️

 

よく、作者にとって主人公は自分の分身

なんて聞きますが、

 

私は憧れのタイプ…を描くことが多いです。

 

どんな時でもまっすぐに物事に立ち向かう。

失敗を恐れず、ありのまま生きられる人ってカッコイイ。でもなかなか出来ない。

 

いつのまにかまわりを巻き込んで

惹きつけて、同じくらいドン引きされて、

でも最後にはみんなを笑顔にしてしまう。

そんな引力のような人を書きたいと思い、

社内保育士〜の梓咲は生まれました。

 

このお話に関しては

ほかのキャラクターは

いつのまにか自然と出来上がったなぁ。梓咲が連れてきてくれた感じでした^_^

 

とりあえず、意識したのは

等身大の人たちを描くこと。

ずっと物語の世界に浸ってもらえるように、

を心掛けました。

 

でも一番気を使ったのは彼方でしょうか。

 

漫画や小説では

お金持ちでカッコいいスーツで仕事をバリバリこなす、完璧なスパダリが定番。

私も大好物です!

 

でもそれは、結局異次元のはなし。

 

描きたかったのは

そばにいたらきっとキュンとする

「庶民的なイケメン」。

 

お金持ちじゃなくていいい、超人じゃなくていい。普通で構わない。

でもいざというときに

助けてくれる。欲しい言葉をくれる。

「ああ、この人いいな」と自然と思える、優しい夕日みたいな人。

そういう男の子が書きたかった。

成功してるかなあ?w

 

彼の息子、めぐるは私の姪がモデルです。

彼女がくれた、純粋で無邪気な愛情のおかげでこのお話は生まれた気がします。

 

姪は赤ちゃんのとき、ものすごい人見知りで

両親以外誰も抱っこが出来ない状態だったのですが、

初めてうちに来たとき、私を見てにっこり笑ってくれた。

あの瞬間は今も忘れられません。

 

そういうささやかだけど

何にも代え難い喜びや幸せは、

人から人へしか与えられないものだと思う。

 

姪だけではなく、今までたくさんの出会いのおかげで私はここまでやってこられました。

 

みんなに出会えてよかった

 

私を支えてくれる人たちへの思いを込め、出来上がった物語です。

伝えたいたくさんのことを、ありのまま梓咲に託しました。

 

少しでも、誰かの勇気や元気になれたら。

それが私が小説を書く理由です。

 

ゆっくりでいいから末長く、読んでいただけるシリーズになれたら最高に幸せですね🥰

そして出来たらぜひ映像化を!!w

どうぞ引き続きよろしくです。

 

f:id:adamas111jp:20190917213829j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何人かのキャラクターの名前は、

私をずっと応援してきてくれた、友人や同僚、その家族から頂きました。

 

 

 

WS参加

市民が創る太田市ガイドブック

に市民ライターとして参加させて頂くことになりました^_^✨

 

第一回目のワークショップに参加し、

オズマガジン総括編集長 古川誠さん

センジュ出版代表 吉満明子さん

の貴重なお話聞いて参りました。

 

どんなことをするのだろうと不安を抱えていきましたが、

要点もわかりやすく、楽しい講義でした。

言葉の選び方、話し方、まとめ方、

編集のプロはさすがですね…

 

吉満さんが

うそのない言葉で伝えると、伝える言葉になっていくと仰っていたのが印象的でした。

 

虚飾せず、シンプルにありのまま。

純粋な生まれたての言葉。

肝心な時に思いを伝えるのも、遠回しな表現よりストレートな一言の方がいいものね。

 

言葉を扱うお仕事をする方は

言葉をとても大事にしている。その瞬間に触れると、なんかジンときます。

 

後半は3人のグループにわかれてディスカッションでしたが、とても素敵な女性二人とご一緒させていただき、楽しかった!

 

これから24名の皆さんとガイドブックを作っていくわけですが、みなさん個性豊かな方ばかり。いったいどんな雑誌になるんだろう♫

 

物語を作る時が私は一番幸せですが、

小説を書くのはほぼソロ作業なので

たくさんの人たちと一つのものを作るという経験が出来るのはとても楽しみ😊

今日はあまり交流出来なかったけど、

次回は色々お話してみたいな。

 

ラジオ収録でお世話になった市役所広報課の課長様にもご挨拶が出来たのでよかった!

三巻も読んで下さったとのことで💦

恐縮でした💦

 

宿題がでたので次のワークショップまでに頑張って考えます。

 

センジュ出版さんより発売された

古川誠さんのご著書『ハイツ ひなげし』も購入♫

サインもして頂きました〜

ひたむきなやさしさが伝わってくるような表紙ですね!読むのが楽しみです。

 

f:id:adamas111jp:20190916183757j:image

 

 

百日紅

f:id:adamas111jp:20190916221421j:image

 

うちの庭と街道の境にあるサルスベリ

いつか、白い花が咲くのと並べて植えたい。

白い百日紅、涼やかですよね。

 

日本の花の名前は綺麗だな。

花の名前を見ると本当に日本語は美しい言葉だなと思います。

 

その魅力をこの美しい言葉で存分に伝えられる

作家になりたい。

 

 

エクソシストの件

 

 

エクソシスト シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

 

こないだ部長にDVD借りた

エクソシストが、amazon primeにシーズン1〜2まとめて登場。

借りたのに…

部長には申し訳ないが、ディスクの交換が手間なので、プライムで見させて頂くことにします💦

ちゃんとお礼はする…

 

そんな部長はただいまヨーロッパ出張中。

 

しかし、初日は台風に巻き込まれ、成田空港で一晩明かすはめになってしまい、イギリスにたどり着けず。。

ローラ・アシュレイが経営する、乙女チックなホテルを予約していたようですが

やむなくキャンセルでした。

どんなホテルか私も写真見たかった‼️

 

そのぶん、ドイツ、フランス、満喫されていることでしょう。

 

千葉はいまだに停電や断水の影響で

大変な様子。

海沿いの県には厳しい季節ですね。。

本当に一日も早い復旧を祈ります。

 

 

 

 

 

ハンドメイド

f:id:adamas111jp:20190911105426j:image

 

昨夜どしゃぶりの中、

友人が手作りマフィンを差し入れにきてくれました。

 

チョコとバナナのマフィン!

 

めきめき腕を上げており、

めちゃくちゃおいしかった😍

これは売れるレベルw

 

昨日、第一稿をなんとか仕上げました。

毎度〆切を何日か過ぎてしまい申し訳ない💦

 

ちょっとほっとしたものの

気を抜くと体調を崩すので、マフィンを頂きつつ、推敲に備えます。