ツギクルバナー

Slowly but Surely

本や好きなもの、そして夢についてのPage

『火のないところに煙は』

f:id:adamas111jp:20181217151619j:image

読了。

帯裏にある通り、先が気になって一気読み不可避!でした。

 

作者を彷彿とさせる「私」が語り手の

連作の怪談。

ノンフィクションなのかフィクションなのか。境界が曖昧で、面白かった。

 

身近に霊感持ちがいるので、私マジモノの怖バナはよく聞くんです。

でもどの話もけっこうリアルで、怖かったですね!

 

私もいつか書きたいホラー。

でも怪談というのは、聞くはまだしも

口にしてはいけないな、とよく思うのです。

 

怪を語れば怪に至る

という言葉がありますが、まさにそう…

 

だから文字にしない方がいいのではないか。

でも書くのだったら、作り話ではなく

本物を下敷きにしたいですよね。

まだ勇気はないですが…

 

ホラー好きさんにはオススメな作品です!

次は何を読もうかな^_^